BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 夏のダイエットではこれを気を付けて

夏のダイエットではこれを気を付けて

こんにちは!
Fitパーソナルジム川崎の山本です!

今年も海やプールなど人が密集する場所への外出を控えているので、夏らしさを感じられていないので、ただただ暑い日々を過ごしています。
来年こそは鍛えた体をビーチで披露したいです。

皆さんはこの夏いかがお過ごしですか?

この時期にダイエットをされている方、夏のダイエット間違えると危険なことがいくつかありますので紹介していきます!

・水分摂取
普段私は1日2Lのお水を飲むことを推奨しています!
それは、代謝をあげる為であり、平均1日1.5Lの水分を汗などで身体の外に排出していると言われているからです。
夏は他の季節に比べ汗をかく量が多くなります。
1日2Lの水分摂取では足りなくなってしまう恐れが非常に高いため、最低でも3Lもっと飲める方はそれ以上意識してお水を飲むようにしてください!

・熱中症対策
お水をたくさん飲んだからと言ってそれが熱中症対策にはなりません。
逆効果になってしまうこともあります。
熱中症の症状である痙攣めまいなどはミネラルであるナトリウム濃度の低下が原因となります。
ナトリウムは汗で出ていってしまいます。
更に水分をたくさん飲むと体内のナトリウム濃度は低下し熱中症になってしまいますので、普段より多くの塩分を摂るように意識が必要です!

・食欲不振
夏バテで、食欲がなくなってしまう方を多く見かけます。
栄養不足になってしまうだけでなく、食べないことによる食欲の過度な増加が起こりバウンドの原因にも繋がります。
下記の食べ物の解説を参考にバランスの良い食事を意識してください!

・夏の食べ物
夏と言えば喉を通りやすい食べ物ばかりチョイスしがちです。
ダイエットに適しているものもあれば、実は太りやすいものもありますので注意が必要です!
オススメ食材
きゅうり、スイカ、さしみ、梅、そば
カロリーも低く、夏でも食べやすい食材かと思います。
注意食材
そうめん 糖質の量は他の麵類と変わりませんが、食べやすさから食べすぎてしまうので注意です。1人前で340キロカロリーですので1人前以内で抑えることが必要です。
アイス 暑いので食べたくなりますね。乳製品のアイスは脂質とカロリーが高いので注意です。選ぶ際は低カロリーの氷菓子系のアイスにしましょう!

暑さから外での運動は億劫になってしまいますね。
エアコンの効いた個室のFitパーソナルジム川崎でダイエットスタートしてみてはいかがですか?

#川崎 #ダイエット #尻手 #食事制限

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事