カテゴリー
トレーニング

ベンチプレスでは大胸筋は大きくならない?

こんにちは!
Fitパーソナルジム川崎の山本です。

本日の投稿はトレーニングしている方向けの内容になります。
特にマッチョになりたい男性に見て頂けるよう書いていきます。

先日の○○理論の論争に続き、今度はベンチプレスで大胸筋が大きくなるのかという論争が起きています。
このことに関しても僕の考察と意見をまとめていくので、是非最後まで読んでいってくださいね!

まず、ベンチプレスに入る前に大胸筋を解剖学の視点から見ていきましょう!
起始:鎖骨部 鎖骨の内側前方1/2 
    胸肋分 胸骨前面、第2~6肋軟骨
    腹部 腹直筋鞘の前葉
停止:上腕骨の大結節稜
機能:肩関節の水平内転、内転、内旋、屈曲

次にベンチプレスの動きを確認しましょう!
肩関節の水平内転と肘関節の伸展でベンチプレスの動作は成り立っている為、
ベンチプレスは胸のトレーニングとなります。
大胸筋に加え、三角筋の前部と上腕三頭筋も補助で使われます!

今回の論争で一番の争点となっているのは、肘の伸展で上腕三頭筋を使うという事であると考えます。
例えばダンベルフライでは肘の伸展は起きず、肩関節の水平内転のみで動作が可能なため使用重量に対し胸にかかる負荷が大きいです。
ベンチプレスは肘の伸展も起きる為、すべての負荷を水平内転のみで受けることが出来ず負荷が分散してしまいます。
このことが理由でベンチプレスでは大胸筋が大きくなりずらく、ダンベルフライが効率的と言われているのでしょう!

ただ、ベンチプレスが大胸筋に全く負荷がかからないわけではありませんし、トレーニングには強いメカニカルストレスで負荷をかける事やPOF理論がありベンチプレスが強い方の大胸筋は大きいです!

骨格やトレーニング頻度、トレーニングの熟練度によってもベンチプレスが有効かどうかは変わってきます。
今回の投稿は専門用語も多く、少し難しい内容になってしまいましたがトレーニングをする上で理解しておいていただきたい内容です。
パーソナルトレーニングの場合は僕たちトレーナーが理解したうえでメニューを組ませて頂きますので、ご安心ください!

パーソナルトレーニングが気になっている方、体験トレーニングもございますので、是非Fitパーソナルジムにお越しください!

https://fit-personalgym.com/contact/

#あなたに1番Fitするジム #川崎 #尻手 #南武線 #パーソナルトレーニング #幸区 #ダイエット #ボディメイク #ベンチプレス #大胸筋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。