BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トレーニング
  4. 筋トレ初心者が正しい方法を身に付けたい時こそパーソナルトレーニング

筋トレ初心者が正しい方法を身に付けたい時こそパーソナルトレーニング

こんにちは!

Fitパーソナルトレーニングジムの宮杉です!

今回は「これから筋トレを始めよう」「筋トレを始めてみたけどイマイチやり方や効果がわからない」という人に向けたブログです!

筋トレとはなにか

まず、筋トレと聞くとダンベルを持って曲げたり伸ばしたり、バーベル持って担いだり下ろしたりなどイメージをすることはできると思います。

でも、実際にやってみると「やり方がわからない…」「効果を出したい部分に全然効いてない」など様々な悩みが出てくると思います。

なぜこのような悩みが出てしまうのか。

これは効果の出したい部分の筋肉を意識出来ていないことが多いです。

例えば二の腕を痩せたいときにどの筋肉に刺激を与えれば良いのかイメージすることが大切です!

二の腕とは上腕三頭筋という筋肉があり、そこを正しく刺激する必要があります。

この筋肉は肘を曲げる事で筋肉が伸び、肘を伸ばす事で筋肉が縮まるので、この動作が出来れば良いのです。

ものすごく簡単に言うと筋トレとは筋肉を伸び縮みさせるだけでいいのです!

筋肉は意識することで変わる

前章でもお話したように効果を出したい部分の筋肉を意識することがとても大切です!

使う筋肉を意識することで効率良く効果が出やすくなるからです。

時間の限られた中で早く効果を出したいのは誰もが願う事です。この願いを叶える1つのポイントが筋肉を意識することなのです!

数十名に行った研究があります。

ベンチプレスで胸の筋肉(大胸筋)を意識した時には胸の筋肉活動量が高まり、二の腕の筋肉(上腕三頭筋)を意識した時には二の腕の筋肉活動量が高まったという結果があります。

Calatayud J, et al. Importance of mind-muscle connection during progressive resistance training. Eur J Appl Physiol. 2016 Mar;116(3):527-33.

同じ種目を同じ動作で行ったのにも関わらず意識の違いで変わります。

これはつまり、筋トレのやり方だけではなく使ってる筋肉をより強く意識することで効果が高まります!

ですが、よく見られる光景として動作中にスマホをいじりながらとながら作業になってしまう方も目にしてしまいます。動作中は意識を筋肉に傾けることで今よりもボディメイクの効率が上がるはずです!

トレーニングを覚えよう

ここまではトレーニングを始める前に知っておくと効率が上がる方法でした。

次にやることはトレーニングを覚えることです!

筋肉を意識することが大切なのが分かっても正しい筋トレが出来なければ効果は出にくいです!

ではトレーニングを覚えるメリットとは何か?

・痩せたい部分にアプローチできる

・効率よくボディメイクができる

・自宅でも代用しやすくなる

仕事など忙しく中々時間が作れなくてもトレーニングを覚えることで短時間でも効果のあるトレーニングができるようになります。

そして、自宅から出れない時でも動きさえ分かってしまえば自宅でもボディメイクはできてしまいます!

最終的に何をすれば良いのか

ここまで読んで頂ければ何も分からないで筋トレするよりも、意識して正しいトレーニングをすることで効率良く効果が出ることは理解して頂けたかと思います!

ですが、実際に何をすれば良いのかが問題ですよね!

もちろん、やり方は十人十色で色んなやり方があり自身に合うやり方がベストです。

近年、YouTubeなどのSNSで筋トレが注目されたこともあり知識や情報を得る方法は沢山あります!

その中で正しいものや自分に合ったやり方を見つけるのはとても大変ですし、より悩みを作ってしまうこともあります。

だからこそ、相談できる人や場所があることがとても大切です!

最近ではパーソナルトレーニングジムは耳馴染みの言葉だと思いますが、これだけパーソナルトレーニングジムが出来たのも相談できる人や場所を作ることが大事だからです。

1人で悩まずに1歩踏み出して是非ともご活用してみてはいかがでしょうか。

Fitパーソナルジムでは無料カウンセリングや体験トレーニングも行っております。

9割が女性会員様で通いやすく相談しやすい環境となっております!

ガッツリと筋トレをしたいという男性会員様もいらっしゃいます!

【あなたに一番Fitするジム】がコンセプトに大手では実現できなかったお客様一人ひとりに寄り添い親身なサポートでお客様の目標を叶えます!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事